アストンマーティン初の市販EV、ラピードE が初走行…モナコ市街地コース

モナコ市街地コースで初走行を披露したアストンマーティン・ラピードE
モナコ市街地コースで初走行を披露したアストンマーティン・ラピードE全 6 枚写真をすべて見る

アストンマーティン初の市販EV、『ラピードE』(Aston Martin Rapide E)が5月12日、モナコで開催された「フォーミュラE」に先駆けて、モナコ市街地コースで初走行を披露した。

ラピードEは、アストンマーティンの4ドアスポーツカー、『ラピード』をベースに、EVパワートレインを搭載したモデルだ。EVパワートレインは、英国のウイリアムズと共同開発。モーターは車両の後部に2個搭載され、LSDを介して後輪を駆動する。モーターは合計で最大出力612ps、最大トルク96.8kgmを引き出す。

パワフルなモーターは、0~100km/h加速4.2秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを実現する。80~112km/hの中間加速は1.5秒。アストンマーティンによると、バッテリーやモーターの性能を低下させることなく、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースを全開走行で1周することもできるという。

バッテリーは、蓄電容量が65kWhと大容量。このバッテリーパックは、ラピードの6.0リッターV12エンジン、ギアボックス、燃料タンクが配置されていた場所に搭載された。1回の充電での航続はWLTPモードでおよそ322kmの性能を備える。

充電は電圧400ボルト、出力50kWの場合、1時間の充電でおよそ300kmの航続に必要なバッテリーを充電可能。さらに、ラピードEのバッテリーは800ボルトの電圧にも対応しており、出力100kW以上の場合、1時間の充電でおよそ500kmの航続に必要なバッテリーを充電できる。外出先で充電する場合に備えて、およそ3時間でバッテリーを充電できるハイパワーAC充電器も搭載している。

ラピードEには、3つのドライビングモードとして、「GT」、「スポーツ」、「スポーツ+」を用意する。スプリングとダンパーの設定を見直すことにより、ガソリンエンジンを搭載した『ラピードAMR』と同等のハンドリング特性を実現しているという。

このラピードEが、モナコで開催されたフォーミュラEに先駆けて、モナコ市街地コースで初走行を披露した。ドライバーは、アストンマーティンワークスのダレン・ターナー選手が担当した。なおラピードEは、2019年第4四半期(10~12月)から、世界限定155台を生産する計画だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アストンマーティン・ラピードE
  • アストンマーティン・ラピードAMR
  • アストンマーティン ラピード AMR
  • アストンマーティン ラピード AMR スクープ写真
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型
  • BMW iNEXT/i5 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/14/322272.html/article/2019/05/14/322271.html/article/2019/05/14/322273.html