4台に1台が空気圧過不足、ダンロップ全国タイヤ安全点検

タイヤ安全点検一日大使に任命された平井理央さん
タイヤ安全点検一日大使に任命された平井理央さん全 2 枚写真をすべて見る

住友ゴム工業は、4月6日に全国47会場で「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を実施。この安全点検の結果、燃費の悪化や走行性能の低下、偏摩耗の原因となる「空気圧の過不足」が最も多く、4台に1台程度の割合で確認された。

タイヤ点検は、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、タイヤの空気圧、残溝、表面の損傷などの点検を行うもので、2008年から継続して実施している。今回は計3014台のタイヤ点検を実施した結果、タイヤの整備不良率は35.0%。不良別では空気圧の過不足が25.2%と依然として高い割合で、残溝不足が7.3%、表面の損傷が6.7%、偏摩耗が5.2%と続いた。

今回は平井理央さんを「タイヤ安全点検一日大使」に任命するとともに、来場者にタイヤ点検の重要性を呼びかけるなどの啓発活動を行った。埼玉県の会場(まちの駅・道の駅アグリパークゆめすぎと)では、タイヤ安全点検一日大使に任命された平井理央さんが、来場者にタイヤ安全点検の案内や、日頃のタイヤ点検の重要性を呼びかけた。

タイヤは適正な空気圧を維持することで本来の性能を最大限発揮でき、安全なドライブにもつながる。住友ゴムでは、引き続きタイヤ点検の重要性を呼びかけ、より安全なモビリティ社会の実現を目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダンロップ・ビューロVE304
  • ダンロップ グラントレック PT30
  • ダンロップ SP175N
  • #タイヤ安全点検しよう!
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ