多角的な視点で今後のインフラ・交通政策を検討へ 国交省が懇談会を新設

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は5月15日、今後のインフラ・交通政策について多角的な観点から検討すると発表した。

国民の価値観の変化、自然災害の頻発・激甚化、新技術の発展など、社会経済状況が大きく変化しており、変化を的確に捉えた政策を検討することが求められている。国土交通省では、新たに「新しい時代のインフラ・交通政策を考える懇談会」を設置し、今後のインフラ・交通政策について、多角的な観点から外部有識者を交えて自由に意見交換する。

1回目の懇談会として5月22日に「ライフスタイルや価値観の変化」と題して議論してもらう。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スマートモビリティチャレンジのホームページ
  • 使用予定のEVバス、シンクトゥギャザーeCOM-8(オートモーティブワールド2012)
  • JR北海道の島田修社長は、2021年度以降に発生する北海道新幹線高速化工事の費用について国の支援を要請。整備新幹線の貸付料の控除についても期待感を示したという。写真は運行最終日の3月31日に石勝線夕張支線夕張駅で挨拶をする島田社長。
  • 日産自動車追浜工場
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型
  • BMW iNEXT/i5 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/16/322353.html/article/2019/05/16/322352.html/article/2019/05/16/322354.html