多角的な視点で今後のインフラ・交通政策を検討へ 国交省が懇談会を新設

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は5月15日、今後のインフラ・交通政策について多角的な観点から検討すると発表した。

国民の価値観の変化、自然災害の頻発・激甚化、新技術の発展など、社会経済状況が大きく変化しており、変化を的確に捉えた政策を検討することが求められている。国土交通省では、新たに「新しい時代のインフラ・交通政策を考える懇談会」を設置し、今後のインフラ・交通政策について、多角的な観点から外部有識者を交えて自由に意見交換する。

1回目の懇談会として5月22日に「ライフスタイルや価値観の変化」と題して議論してもらう。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 貨物列車(イメージ)
  • イメージ
  • 復興道路・復興支援道路の整備状況
  • 大井川の減水が懸念されるため、静岡工区が未着工となっている中央新幹線工事。JR東海では静岡県の専門部会から出される質問、意見、趣意などについて検討を進め、その結果をフィードバックした上で、専門部会が検討する運びとなった。
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/16/322353.html/article/2019/05/16/322352.html/article/2019/05/16/322354.html