北海道新幹線の高速化支援はJR北海道の経営改善の成果を見て 5月17日の石井国交相会見

JR北海道の島田修社長は、2021年度以降に発生する北海道新幹線高速化工事の費用について国の支援を要請。整備新幹線の貸付料の控除についても期待感を示したという。写真は運行最終日の3月31日に石勝線夕張支線夕張駅で挨拶をする島田社長。
JR北海道の島田修社長は、2021年度以降に発生する北海道新幹線高速化工事の費用について国の支援を要請。整備新幹線の貸付料の控除についても期待感を示したという。写真は運行最終日の3月31日に石勝線夕張支線夕張駅で挨拶をする島田社長。全 2 枚写真をすべて見る

石井啓一国土交通大臣は5月17日に開催された会見で、北海道新幹線の高速化要請に関する見解を明らかにした。

JR北海道は、5月13日に建設中の新函館北斗~札幌間が最高320km/hで走行可能になるよう、120億円を自社負担して防音壁の嵩上げや緩衝工の延長といった工事を含む高速化を国土交通省に要請している。同区間は整備新幹線区間のため、建設工事自体は国の公共事業として行なわれている。

この高速化についてJR北海道の島田修社長は「国土交通省に助成あるいは無利子貸付の支援を求める」と述べていたが、高速化に要する工事費は2021年度から発生する見込みで、「国鉄清算事業団債務等処理法」の規定に基づいて2020年度まで行なわれるJR北海道への支援の対象からは、現時点では外れてしまう。

これについて石井大臣は「JR北海道が2019年度及び2020年度の2カ年間で経営改善に資する成果を上げることを前提に、所要の法律案を国会に提出することを検討することとしております」と述べるに留め、高速化への支援については、その方針の範囲内で検討していくことになるとした。

高速化工事への支援については、島田社長が整備新幹線の貸付料を控除する期待を示していたが、石井大臣は「現段階でこれからの課題」とした。JR東日本も盛岡~新青森間で高速化工事を行なう意向を示していることから、貸付料についてはJR北海道と共通の制度設計にするのかどうかなどを含めて「今後必要な対応を検討してまいりたいと考えております」と述べた。

整備新幹線の建設では、事業費の上昇により、財務省財政制度審議会の歳出改革部会が運行主体のJRに対して貸付料の負担増を求める提言がなされており、それとの関連で、東北・北海道新幹線の高速化工事の行方が注目される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 国からの支援は2020年度まで。それ以降の継続については地域の利用促進への取組みを考慮した上での法改正を待たねばならず、北海道としては少額ながら支援する方向へ舵を切ろうとしている。写真は維持困難線区のひとつに挙げられている留萌本線深川~留萌間の列車。
  • 金色をベースに市松柄とグラデーションを交えた「和モダン」とした、開業90周年記念車両の車体イメージ。
  • 6月14日から16日にかけて相次いで「道の駅あびらD51ステーション」に搬入され、載線した国鉄色のキハ183 214(左)とD51 320(右)。D51 320は背後にある「追分機関庫」と称した車庫に入る。
  • 伊豆急行100系クモハ103号
  • 復旧工事が進捗しているという流出した第1三篠川橋梁。写真は流出当時のもの。
  • 東武鬼怒川線新高徳駅から急カーブ・急勾配を下っていく東武の100系「スペーシア」。
  • 釧網本線を走る普通列車。
  • 現在は、特急以外のすべての列車が停車する北広島駅。快速『エアポート』(右)はこの駅で普通列車(左)と連絡する。写真は北広島駅の下り(札幌方面)ホーム。2019年2月28日撮影。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/20/322511.html/article/2019/05/20/322510.html/article/2019/05/20/322512.html