「美しすぎる4ドア」デビュー直前…BMW 8シリーズグランクーペ、デザインが完全露出

BMW 8シリーズグランクーペ(スクープ写真)
BMW 8シリーズグランクーペ(スクープ写真)全 15 枚写真をすべて見る

BMW『8シリーズ』新型の4ドアバージョンとなる『8シリーズグランクーペ』を、フルヌードの状態でカメラが初めて捉えた。グランクーペは、2ドアの「クーペ」、オープンの「コンバーチブル」に続く8シリーズ・ファミリー第3弾となる、ハッチバックを持つ4ドアクーペだ。

キャリアカーでの輸送中に捉えたプロトタイプは、リアハッチ周辺にカモフラージュ用ステッカーが貼られているだけで、シャープなヘッドライト、コーナーエアインテーク、プレスラインなどをはじめ、ウィンドウ形状、フロントフェンダーのエアアウトレット、テールライト、リアバンパーにいたるまでほぼ完成形のデザインが見てとれる。

リアクォーターウィンドウには、BMW伝統の「ホフマイスター・キンク」が採用されておらず、同ブランドにおける新世代アイデンティティを予感させる。また捉えた開発車両のアグレッシブな前後バンパーから判断してV型8気筒搭載の『M850i』の可能性が高い。

インテリアデザインは、「クーペ」や「コンバーチブル」と共通。12.3インチのデジタルインストルメントクラスタとインフォテインメントシステムのための10.25インチタッチスクリーンディスプレイを配置し、同ブランド最新のコックピットシステムを搭載する。

パワートレインは、最高出力320psを発揮する3.0リットル直列6気筒ディーゼルターボの『840d』、さらに3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンが新たに設定されるほか、最高出力530psを発揮する4.4リットルV型8気筒ガソリンターボの『M850i』がラインアップされる。また頂点には、600psを超える『M8』の設定が確実視されている。

8シリーズグランクーペは、6月25日から27日にドイツ・ミュンヘンで開催される「BMW Group #NextGen」でワールドプレミアが予定されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/21/322528.html/article/2019/05/21/322527.html/article/2019/05/21/322529.html