三陸鉄道リアス線に夜行列車…盛-久慈間163kmを走る『さんりくあさかぜ号』 7月20・27日発

旧北リアス線区間では太平洋から昇る朝日を拝める『さんりくあさかぜ号』。写真は旧北リアス線の列車。
旧北リアス線区間では太平洋から昇る朝日を拝める『さんりくあさかぜ号』。写真は旧北リアス線の列車。全 1 枚写真をすべて見る

三陸鉄道は、夜行列車『さんりくあさかぜ号』を7月20・27日出発で運行する。

3月に開業したリアス線(盛~釜石~宮古~久慈)163km全線を走り「朝日の絶景を楽しむ」という特別企画列車で、時刻は盛23時発~久慈5時30分着。

出発前には21時30分から盛駅(岩手県大船渡市)で出発式とヘッドマークの取付けが行なわれ、翌朝5時頃には野田玉川駅(岩手県野田村)付近で太平洋から昇る日の出を拝む。久慈駅(岩手県久慈市)到着後には歓迎イベントも開催される。

お座敷車と一般車の2両編成で運行され、各日60人を募集。旅行代金はお座敷車が7000円、一般車が6000円。

申込みは6月12日9時から岩手県宮古市の三陸鉄道旅客営業部で受け付ける。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 佐賀県の協議入り難色に戸惑いを見せている赤羽一嘉国土交通大臣(前列中央)。写真は、新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する国土交通省幹部会議に出席した赤羽大臣。
  • 本設化後の小田栄駅までは、営業キロによる運賃が適用される。現在は、川崎新前から手前の駅(A駅)から小田栄駅まで利用する場合、実際より0.7km短い川崎新町までの運賃が適用されている。
  • 両側面に「遙か水平の先を見つめる龍馬像」をデザインしたという『志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり』1号車「Kurofune」のイメージ。帯部分のデザインは蒸気機関をモチーフにしている。
  • 平日には7本が増発される『京王ライナー』。
  • 九州新幹線西九州ルートの終点となる長崎駅。
  • 只見線で運用されている「東北地域本社色」のキハ40形。写真は引退後に小牛田運輸区に留置されていた陸羽東線・石巻線のキハ40形。
  • JR桜木町ビルでの110形蒸気機関車展示イメージ。
  • 大船渡線BRT。今改正では一部が気仙沼線BRTへ直通する。

ピックアップ