マルチスズキ、サービスネットワークにデジタル技術を導入…SMSで顧客とやり取り

デジタル技術を導入したマルチスズキのサービスネットワークのイメージ
デジタル技術を導入したマルチスズキのサービスネットワークのイメージ全 1 枚写真をすべて見る

スズキのインド部門のマルチスズキ(Maruti Suzuki)は5月22日、サービスネットワークにデジタル技術を導入した、と発表した。

マルチスズキの最新のサービス拠点では、顧客とのやり取りをデジタル化しているのが特長だ。例えば、修理代金の見積もり、車両の整備に必要な時間などに関する情報は、SMSを通じて顧客に通知される。

また、車両の入庫時に発見された新たな不具合についても、その修理の許可を求めて、顧客とSMSでやり取りする。このサービスは透明性をもたらし、修理にかかる時間のスピードアップにつながるという。

マルチスズキは2018年度、インド国内に200以上の新たなサービス拠点を開設した。これは、インドの自動車メーカーで最速ペースという。これにより、インド国内1789の都市に、3634のサービスネットワークを構築している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ・ワゴンR 新型(インド仕様)
  • スズキ・アクロス
  • 【MotorTrend】スズキ アルトでアメリカ版わらしべ長者の旅スタート!...名車再生!マイクのワールドツアー
  • DF140BG(左)とDF115BG
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ