【マツダ3 新型】国内販売開始、ハッチバックとセダンの2タイプ 価格218万1000円より

マツダ3新型
マツダ3新型全 32 枚写真をすべて見る

マツダは、Cセグメントコンパクト『アクセラ』の後継モデル『マツダ3』の販売を5月24日より開始する。

マツダ3は、日本の美意識の本質を体現することを目指す深化した「魂動デザイン」を採用。また、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した新世代車両構造技術「SKYACTIV-ビークル アーキテクチャー」や、さまざまな走行シーンで意のままの加減速を可能にする最新の「SKYACTIVエンジン」などを搭載、クルマとしての基本性能を向上させた、マツダ新世代商品の幕開けとなるモデルだ。

デザインについては、同社のデザインテーマ「魂動」をさらに深化。クルマに生命感を与えるという考え方の上に、日本の伝統的な美 意識である「引き算の美学」を追求し、不要な要素を徹底的に削ぎ落した立体的で滑らかに連続された面でボディを構成。シンプルな造形と繊細な光の移ろいによる豊かな生命感と上品な美しさを表現した。

マツダ3は、セダンとファストバック(ハッチバック)でまったく異なる2つの個性を表現。セダンは「凛とした伸びやかさ」がテーマ。伝統的な3ボックスのセダンボディ様式に則ったうえで、水平基調と、前後の伸びやかで優雅なワンモーションの動きにより、落ち着いた大人の品格と優雅さを表現した。一方ファストバックは「色気のある塊」がテーマ。キャラクターラインを廃したボディサイドを流れる「光の移ろい」による生命感の表現と、スピード感のあるルーフと力強いCピラー造形が表現するキャビンとボディが一つの塊のような存在感を放つ。

パワートレインはセダン・ファストバック共通で、4気筒ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 1.5」および「SKYACTIV-G 2.0」、4気筒クリーンディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 1.8」に加え、2.0リットル新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を設定した。SKYACTIV-Xは、マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火縮着火)」を実用化した、世界初の内燃機関。ガソリンエンジンならではの伸びの良さに、ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・応答性といった特長を融合。さらにマイルドハイブリッドシステム「Mハイブリッド」を組み合わせ、効率的なモーターアシストによって、燃費性能のさらなる向上をサポートする。

丸本明社長また、新世代プラットフォーム「SKYACTIV-ビークルアーキテクチャー」を採用。人間の理想の運転姿勢を「歩行状態」と定義し、人の座るシートからボディ、シャシー、タイヤまでを有機的に連携させることで、着座時に少ない筋負担で乗員頭部の動きを安定。これにより、長距離移動でも疲れにくく、意図したとおりにクルマを動かせるような走りを実現する。

そのほか、人が音を感じるメカニズムに着目して開発した質の高い静粛性や各スピーカーの位置と方向を刷新したオーディオシステム「マツダ ハーモニックアコースティックス」、ドライバーを常に見守り緊急時の回避・被害軽減を支援する、進化した先進安全技術「i-アクティブ センス」、直感的な操作性と機能性をさらに向上させたコネクティビティシステム「マツダ コネクト」などを装 備。安心・安全、そして心地よい運転体験を提供する。

価格はファストバックが218万1000円から362万1400円。セダンが247万円から355万1200円。

マツダ3に関するニュースまとめ一覧

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/24/322694.html/article/2019/05/24/322693.html/article/2019/05/24/322695.html