スズキ カタナ 新型、5月30日より待望の国内販売 価格151万2000円

スズキKATANA新型
スズキKATANA新型全 4 枚写真をすべて見る

スズキは、大型二輪車 新型『KATANA(カタナ)』の国内販売を5月30日より開始する。価格は151万2000円。

新型カタナは、1980年のケルンモーターショーに出品し、日本刀をイメージした前衛的なデザインで世界のバイクファンの注目を集めた『GSX1100S KATANA』を原点とする新型モデル。欧州では今春よりすでに販売を開始しており、ファン待望の日本投入となる。

開発コンセプトは「Forging a New Street Legend(新たなるストリートバイクの伝説を鍛造する)」で、刀鍛冶が鋼を叩いて鍛え上げ、丹念に強靭な刀を作り上げることと、「KATANA」を鍛錬して作り上げたことを比喩的に表現した。

外観は、燃料タンクから車体先端まで、研ぎ澄まされた刀のようにシャープで流れるようなラインをあしらったデザインを採用。角形LEDヘッドランプや、刀の切先をイメージした造形の車体先端下部に装着されたLEDポジションランプにより、「GSX1100S KATANA」に着想を得た特徴的な顔つきに仕上げた。また、スズキ初となるターンシグナル付スイングアームマウントリヤフェンダーを採用し、車体後部のシート下をすっきりとさせた外観とした。

パワーユニットは、『GSX-R1000』をベースに改良した999cc直列4気筒エンジンを軽量アルミフレームに搭載。3段階から選択可能なトラクションコントロールやABS、倒立フロントフォーク、ブレンボ社製のラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどに加え、ワンプッシュでエンジン始動が可能なスズキイージースタートシステムや、スムーズな発進を補助するローRPMアシスト機能を採用するなど、市街地走行にも適した扱いやすさを実現している。

カラーはミスティックシルバーメタリックとグラススパークルブラックの2色を設定する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ファンティック・キャバレロ スクランブラー500
  • カンナム・ライカー(Can-Am Ryker)
  • フィリピンでヤマハオーナーへのインタビューが実現。写真は『Sniper』ファンを自称するエドワード
  • マン・マシンが共用する服「Over」
  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/24/322703.html/article/2019/05/24/322702.html/article/2019/05/24/322704.html