【マツダ3 新型】パイオニア製スピーカーシステムを採用 クリアな音質を実現

マツダ3に採用されたパイオニア製スピーカーシステム
マツダ3に採用されたパイオニア製スピーカーシステム全 3 枚写真をすべて見る

パイオニアは5月24日、同社のスピーカーシステムが、新型『マツダ3』のオーディオシステム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」に採用されたと発表した。

マツダ・ハーモニック・アコースティックスは、8個のスピーカーで構成される音質にこだわり抜いたサウンドシステム。高音質パーツの採用に加え、マツダの構想に基づき、ウーファーをフロントドアではなくカウルサイド(車両前方コーナー)に設置、最適化することで音の伝搬効率を向上させるとともに、ノイズを大幅に低減している。

音にこだわった製品を生み出してきたパイオニアの音響技術・ノウハウと、マツダのサウンドアーキテクチャに基づいたスピーカーレイアウトを組み合わせることで、原音に忠実でクリアな音質を実現した。

マツダ3に関するニュースまとめ一覧

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ3 新型 ファストバック(SKYACTIV-G 2.0)
  • マツダ3
  • マツダ3新型 セダン(1.8 SKYACTIV-D)
  • マツダ3 新型 セダン
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/25/322741.html/article/2019/05/25/322740.html/article/2019/05/25/322742.html