BMW、『コンセプトR18』発表…新開発の2気筒ボクサー搭載のカスタムバイク

BMWモトラッド・コンセプト R18
BMWモトラッド・コンセプト R18全 15 枚写真をすべて見る

BMWの二輪部門、BMWモトラッドは5月24日、イタリアのコモ湖で開催される「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ2019」において、『コンセプトR18』(BMW Motorrad Concept R18)を初公開した。

コンセプトR18は、1960年代に始まったボクサー(水平対向)エンジンの未来に焦点を当てながら、BMWモトラッドがクラシックなデザインアイコンを導入して仕上げたカスタムバイクだ。

デザインの最大のテーマは、すべてを見えるようにすること。コンセプトR18は、すべての部分に機能的な目的がある。ボクサーエンジン、クレードルフレーム、ユニバーサルシャフト、ブラック仕上げの燃料タンクなどのディティールを、あえて見せるデザインにこだわったという。

パワートレインは、新開発の2気筒の排気量1800ccボクサーエンジンだ。その外観は、BMWモトラッドのフラットツインエンジンを意識したもの。最新の空冷システムやオイル冷却システムを採用する。エンジンブロックとトランスミッションは、ガラスビーズブラストアルミ製。アルミ部品は手作業で磨き上げられた。

カラーデザインについては、黒いベースカラーと組み合わせたフォークと燃料タンクの上の白いラインが、古典的なBMWをモチーフにした。シングルレザーシートのデザインは、1950年代がモチーフ。ヘッドランプデザインのグラフィックも、1950年代を彷彿とさせるものだ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/27/322807.html/article/2019/05/27/322806.html/article/2019/05/27/322808.html