ポルシェ初のフル電動スポーツカー『タイカン』、年内に日本発表へ

タイカンの予告とされる、ミッションEコンセプトスタディ。
タイカンの予告とされる、ミッションEコンセプトスタディ。全 4 枚写真をすべて見る

ポルシェが同ブランド初のフル電動スポーツカーとして開発を進めている『タイカン』は、ワールドプレミアが2019年9月初旬、日本発表が同年内、発売は2020年となった。5月28日に渋谷で開催された新型『911』の発表会場で、ポルシェジャパンの七五三木敏幸代表取締役社長が明らかにした。

ワールドプレミアの9月初旬というのは、フランクフルトモーターショー2019あるいはその直前だろう。日本では、ポルシェジャパンは東京モーターショー2019に参加せず、11~12月に独自イベントを開催する予定でおり、そこで新型車のジャパンプレミアが準備されているので、その新型車がタイカンだと思われる。

またポルシェでは今後、150kWを超えるCHAdeMO規格の急速充電インフラを整備する。最初の設置は2020年半ばに予定されている。「タイカンのバッテリーを、0から80%充電まで約30分」と七五三木社長はいう。

タイカンは4ドア、4セパレートシートのスポーツカー。600PS(440kW)以上の最高出力により0-100km/h加速タイムは3.5秒以下、航続距離は500km以上(NEDC準拠)と予告されている。2019年3月時点で、世界で2万人以上が購入希望者リストに登録しており、2020年には派生モデルのクロスツーリスモの導入も計画されている。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ・タイカンの最新プロトタイプ
  • ポルシェ・タイカン の最新プロトタイプ(グッドウッド2019)
  • ポルシェ・タイカンの最新プロトタイプ車
  • ポルシェ タイカン スクープ写真
  • BMW 5シリーズセダン 改良新型(スクープ写真)
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/29/322911.html/article/2019/05/29/322910.html/article/2019/05/30/322912.html