答えます! MINIクロスオーバーPHEVについて質問募集中…「MINI LIVE STUDIO」 5月30日

MINI Cooper SE Crossover ALL4
MINI Cooper SE Crossover ALL4全 6 枚写真をすべて見る

MINIが2017年に日本導入した、プラグインハイブリッド、『MINI Cooper S E Crossover ALL4』=MINIクロスオーバーPHEV。新しい動力方式、新しい時代の車について聞きたいこともあるだろう。その疑問にスペイシャリストが答える。

MINI では、MINIクロスオーバーPHEVに関する疑問に、MINI のスペシャリストであるMINIジーニアスが答えるというライブ配信企画「MINI LIVE STUDIO」を、5月30日19時にスタートする。MINIでは番組内で答える、PHEVについての質問を募集中だ。

質問を投稿する

MINI ジーニアスとは、MINI 正規ディーラーにいる商品説明専任スタッフ、プロダクトジーニアスだ。いわゆるセールスパーソンではなく、MINI ブランドのことや、車に関することはもちろん、ちょっと聞きにくいと思われるようなことまで、気軽に質問にしてよい。

MINIでは、MINI クロスオーバーPHEVについて「選ぼう。静かで心地いい空間が育む家族の幸せを。経済性に優れた豊かな暮らしを。エネルギーロスの少ない持続可能な社会を。MINIのPHEVならではの新しい走りの愉しさを」とアピールする。質問をMINI ジーニアスにぶつけてみよう。

MINI Cooper S E Crossover ALL4は、最高出力136PS(100kW)、最大トルク220Nmを発揮する排気量1.5リットル3気筒のターボ・ガソリンエンジンに、最高出力88PS(65kw)、最大トルク165Nmの電気モーターが組み合わされた、4輪駆動のハイブリッドカーだ。ガソリンエンジンで前輪を、電気モーターで後輪をそれぞれ駆動し、悪路での走破性、停止状態からの加速性能、高速走行時の安定した動力伝達、高い効率を実現した。CO2を排出しない電気モーターのみでは、航続約42.4kmを走行できる。電池は容量7.6kWhのリチウムイオン・バッテリーが搭載され、空の状態から約3時間で満充電できるという。

質問を投稿する

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MINI カントリーマン(MINI クロスオーバー)改良新型のPHV
  • MINI カントリーマン(MINI クロスオーバー)改良新型
  • MINI クロスオーバー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー コーンウォールエディション
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ