パイオニアとトレジャーデータ、AIを活用したデータ分析や行動・事故予測モデル構築へ

イメージ 《写真 アーム》
イメージ 《写真 アーム》全 2 枚写真をすべて見る

パイオニアは5月30日、Armトレジャーデータとモビリティ分野でAI技術を活用したデータ分析および行動予測・事故予測モデルの構築に関する共同開発契約を締結したと発表した。

Armトレジャーデータは、顧客データおよびIoTデータ管理用のクラウド型分析プラットフォームを提供する英Arm社のデータビジネス部門。トレジャーデータの分析プラットフォームは、アクセスが容易なインターフェイスにより、データパイプラインのエンドツーエンドなデータを連続的に統合。データのクエリ、エンリッチ化、複雑なプロセスのワークフロー化など、データ収集から分析・活用までを容易にすることができる。

昨今、モビリティの変革や次世代交通への注目が高まる中、交通事故対策が世界的に重要課題の1つとなっている。今回の共同開発では、パイオニアの既販車向け先進運転支援システム「インテリジェント パイロット」を基盤として、同社のデジタル地図データを活用したデータ分析に関する技術と、Armトレジャーデータのデータプラットフォーム構築、分析、活用に関する知見を持ち寄り、さまざまな交通手段からセンサーデータを収集。AI技術を活用したデータの分析、事故削減のための行動予測・事故予測モデルの構築を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ MX-30
  • パイオニア ドライブレコーダー向けmicroSDカード
  • 車載用Wi-Fiルーター DCT-WR100D
  • 2020年度版カーナビ用地図更新データ(イメージ)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV