DeNA、商用車向け交通事故削減支援サービス「ドライブ チャート」提供開始

商用車向け事故削減支援サービス DRIVE CHART
商用車向け事故削減支援サービス DRIVE CHART全 4 枚写真をすべて見る

DeNAは、AIとIoTを活用した商用車向け交通事故削減支援サービス「ドライブ チャート」の提供を6月4日から開始した。

ドライブ チャートは、JVCケンウッドと共同開発した専用車載器を活用。加速度センサー/GPSによる車の挙動だけでなく、車内外向けカメラの映像を即座にAIで解析し、地図情報などと組み合わせることで、習慣化された危険運転行動やドライバーの状態に潜むリスクまで検出する。

ドライバーは、検出した危険シーンと場所を確認の上、動画で振り返ることができるほか、目標を決めスコアで改善の推移を実感できるため、当事者意識も維持できる。一方、安全管理者は各ドライバーの目標達成度合いや声がけすべき運転状況を把握し、客観的な情報を元にコミュニケーションを取ることができる。さらにドライブ チャートでは、外部の専門家を含めたサポートチームからの運用改善のためのアドバイスが受けられるなど、ドライバーの自己改善と組織での運用が自然に進むよう、経営者を巻き込んだ支援も行う。

ドライブ チャートは、京王自動車、日立物流、首都圏物流などの協力の下、2018年4月から10月にかけて実証実験を実施。その結果、過去5年の同時期平均比で、事故率がタクシーで約25%、トラックで約48%改善したほか、自社車両の修繕費削減効果や事故規模の縮小も確認された。

DeNAでは今後、ドライブ チャートを商用向けサービスだけではなく、集積したビッグデータを活用し、自治体や警察などとも連携し、道路の保全・道路管理・防犯・防災など、社会全体の交通環境改善に貢献することを目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 0円マイカー特設ページ
  • 車録Pro
  • 相互タクシー本社にて行った調定式の様子
  • MOVとJapanTaxiが統合
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ