大画面カーナビ アルパイン ビッグX、新型RAV4専用モデル発売へ

アルパイン RAV4専用ビッグX X9Z-RV4-NR
アルパイン RAV4専用ビッグX X9Z-RV4-NR全 2 枚写真をすべて見る

アルパインは、トヨタ『RAV4』専用となる大画面9型カーナビ「ビッグX(X9Z-RV4-NR)」を発表、7月中旬より発売する。

新製品は、高画質WXGAのLED液晶9型大画面を搭載。地図は一般的な7型より広いエリアを表示すると同時に見やすさも実現。またテレビやDVD、動画も高画質で楽しむことができる。また、専用のオープニング演出を格納し、イグニッションオンでRAV4のフロントマスクとともに専用サウンドが奏でるほか、RAV4の室内に最適なサウンドチューニングも施している。

機能面では、声でカーナビ操作が行える「ボイスタッチ」を搭載。よく使うショップの周辺検索から目的地/ルート設定までを声で操作。走行中でも目的地設定を行うことができる。さらに画面に割込み表示された情報や操作のキャンセルも声で操作可能。ステアリングから手を離すことなく、安全で快適なカーナビ操作をサポートする。そのほか、純正バックカメラにも対応する。

対応車種は2019年4月以降の新型RAV4。価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • タッチレス操作パネル
  • アルパインスタイル・プレミアムリムジン・ブラッシュドブラック・コンセプト(東京オートサロン2020)
  • アルパイン 12.8型リアビジョン RXH12X2-L-B
  • アルパイン ドライブセンサー(イメージ)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ