【ホンダ N-WGN 新型】7月に全面改良…新機構などホームページで先行公開

ホンダN-WGN新型
ホンダN-WGN新型全 7 枚写真をすべて見る

ホンダは6月7日、ハイトワゴンの軽自動車『N-WGN』(エヌワゴン)を7月に全面改良すると明らかにし、同社ホームページでスタイリングや新たな搭載機構情報などの先行公開を始めた。

N-WGNは2013年11月にホンダの軽自動車群である「Nシリーズ」のハイトワゴンとして現行モデルが発売されており、今回は5年8か月ぶりに全面改良し、2代目モデルを投入する。同社のNシリーズは主力モデルの『N-BOX』を17年に全面改良する際、「Nのある豊かな生活、N for Life」をキャッチフレーズに、各モデルの特徴を活かしながら暮らしに密着した軽自動車を訴求している。

18年には『N-VAN』も投入しており、全面改良するN-WGNは新シリーズ第3弾となる。現行モデルと同様に通常モデルとスタイリッシュで上級な『N-WGN Custom』(カスタム)の2タイプを揃えている。公開された先行パンフレットなどの情報によると、「通勤・通学や買い物といったあらゆるシーンで快適に使うために必要な安全性能や使い勝手を追求した」と訴えている。

安全運転支援システムである「ホンダセンシング」については全グレードで標準仕様とし、さらにホンダの軽自動車では初となる「渋滞追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」を採用した。また、後退による安全な駐車をサポートする「パーキングセンサーシステム」も標準装備したという。

さらに、様々な体格の人の運転姿勢をサポートするため、ハンドルが前後と上下方向に調節できる「テレスコピック&チルト」方式のステアリング機構も同社の軽自動車として初採用するなど、商品性の向上に意欲的に取り組んでいる。

外観デザインは円形状のヘッドランプと、シンプルで張りのある面により、親しみやすさを表現したという。Customも基本デザインは同一で、ヘッドランプなどをスクエア基調としている。ホンダカーズ販売店では先行予約の受け付けも始めた。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ N-WGN L ホンダセンシング
  • Nワゴン、タント、eKクロス、デイズ
  • ホンダ N-WGN L ホンダセンシング
  • ホンダ技術研究所オートモビルセンターデザインプロダクトデザインスタジオCMFデザイナーの秋山ゆかりさん
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/07/323208.html/article/2019/06/07/323207.html/article/2019/06/07/323209.html