ヤマハ×台湾Gogoro、新型電動スクーター『EC-05』ティザー公開…8月に台湾で発売

ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)
ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)全 7 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機が、台湾の電動バイクメーカーGogoro(ゴゴロ)からのOEMによる新型電動スクーター『EC-05』を、2019年8月より台湾で販売開始することが明らかになった。6月10日、台湾ヤマハ(台湾山葉機車)の公式サイトでは、EC-05のティザー動画が公開された。

ヤマハは2018年9月、ゴゴロとの協業を発表。ゴゴロの電動スクーターと、簡単にバッテリー交換ができるバッテリーステーションによる電動二輪ビジネスを軸に、ヤマハブランドの車両およびビジネスを拡大していくとしていた。

EC-05は、ゴゴロの商用電動スクーターをベースに、日本のヤマハがデザインを担当している。航続距離をはじめ詳細な仕様、価格などは未公表だが、Gogoro Energy Networkが展開するバッテリー交換ステーションの「GoStation」に対応するという。当初、台湾市場でのみ販売。販売方法については後日正式発表される。

公開されたティザー動画「YAMAHA EC-05|Chapter0《夜之序曲》」は、アジアン映画テイストあふれるものに仕上げられた。ある夜の台湾を舞台に、そこで生活する若者たちの姿を追いかける。都会のネオンに、近未来的なデザインのEC-05のLEDライトが重なる、というもの。動画の中では、EC-05のフロントマスク、リアデザイン、フレーム、そして電動スクーターならではのモーター音が確認できる。

《宮崎壮人》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ ゴールドウイング ツアー DCT<AIRBAG>(パールグレアホワイトストライプ)
  • ヤマハ発動機ブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • アストンマーティン AMB 001
  • スズキ カタナ 新型
  • トライアンフ ボンネビルT120/T100 バド・イーキンズ スペシャルエディション
  • マルコーニ氏と川崎重のコラボとなる新しいビモータブランドのコンセプトマシン
  • スズキ V-ストローム1050XT ヘリテージスペシャル
  • ホンダ CB4X

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/10/323292.html/article/2019/06/10/323291.html/article/2019/06/10/323293.html