ジェイテクト、徳島大学と包括連携協定を締結---人材育成や新産業創出を目指す

ジェイテクトの宮崎博之専務取締役(左)と徳島大学の野地澄晴学長(右)
ジェイテクトの宮崎博之専務取締役(左)と徳島大学の野地澄晴学長(右)全 1 枚写真をすべて見る

ジェイテクトは6月11日、徳島大学と包括連携協定を締結したと発表した。

ジェイテクトと徳島大学は、今回の包括連携を通じて、既存事業にとどまらず、新規分野での研究開発・事業化を加速させ、横断的な産学共同研究事業の立ち上げや人材の育成・教育を推進する。また、研究分野での交流を推進し、SDGs(持続可能な開発目標)の貢献に向けて、新産業の創出を目指す。

両者が共同研究に至ったのは、ジェイテクトの前身企業である光洋精工の創業者、池田善一郎氏が四国出身で、徳島県に工場を1963年に設立しているほか、県内にグループ会社である光洋シーリングテクノの工場があるなど古くから所縁ある地域だったことがある。

徳島大学は2016年に生物資源産業学部を、2018年に産業院を新設し、新しい産業の人材育成を目指している。一方、ジェイテクトも、既存事業に捉われない新領域分野の開拓を目指すFFR部(Future & Frontier Research 部)を立ち上げ、新領域分野の研究開発および事業化を目指している。

2018年からは、徳島大学理工学部、生物資源産業学部および産業院とジェイテクト研究開発本部は、AI関連、畜産関連などで共同研究を推進している。今回の包括連携協定によって、この取り組みを一層強化し、多くの成果実現や新たな研究テーマの創出を目指す。

連携内容は、新領域分野での「横断的産学共同研究事業JTRP(JTEKT & Tokushima univ. Research Project)」創設のほか、徳島県内の施設等を活用した農工、理工、ライフサイエンスに関する共同研究の推進、イノベーションにチャレンジする人材の育成・交流など。さらに学生のプロジェクト参画や起業化の促進なども行い、新産業の創出や地域への貢献を目指す。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • クリープ摩耗抑制玉軸受
  • 開発品イメージ
  • Future Concept Vehicle 2
  • ジェイテクトの自立推進歩行器「J-Walkerテクテック」
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/12/323356.html/article/2019/06/12/323355.html/article/2019/06/12/323357.html