【鈴鹿8耐】出場権保有チーム発表、トライアウトには29チーム

鈴鹿8耐、2018年スタート
鈴鹿8耐、2018年スタート全 3 枚写真をすべて見る

鈴鹿サーキットは、7月25日から28日に開催する「2018-2019 FIM世界耐久選手権(EWC)最終戦“コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会」の出場権保有チームを発表した。

内訳は、昨年の覇者「ヤマハファクトリーレーシングチーム」をはじめとするシード権を得たチームが20、「カワサキレーシングチーム」など主催者推薦が5チーム。トライアウト1stステージ出場権獲得は5チーム、同2ndステージ出場権獲得は10チーム、同ファイナルステージ出場権獲得は14チームとなっている。

なお、EWC年間契約チームリストは、6月17日発表予定の暫定エントリーリストにてアナウンスされる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ CB650R
  • カワサキNinja ZX-6Rレース専用モデル
  • ランド リンク コンセプト(世界初公開・特別出展物)
  • ヤマハがバイクレンタルの次に仕掛ける「キャンプ用品レンタル」のねらいとは
  • ヤマハ SR400 40th アニバーサリーエディション
  • ヤマハ MT-03 新型
  • ヤマハ YZF-R25/R3 開発者インタビュー
  • 浅草・雷門前を走るドゥカティDIAVEL1260S

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/14/323463.html/article/2019/06/14/323462.html/article/2019/06/14/323464.html