レクサス LCコンバーチブル 市販モデル登場か、ルーフはどうなる?…グッドウッド2019

自動車 ニューモデル 新型車
レクサス LCコンバーチブル コンセプト
レクサス LCコンバーチブル コンセプト 全 7 枚 拡大写真
レクサスは、1月のデトロイトモーターショーで『LCコンバーチブル コンセプト』を発表したが、7月4日に開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に新たに出展されることがわかった。

コンセプトモデルではオープンルーフである以外、『LC500/LC5000h』と同じデザインを継承。ルーフは自動開閉式ファブリックトップが採用されていた。1月の時点では、市販化されるか否か、市販化された場合のシートレイアウト、パフォーマンス、メタルトップになるのか、ファブリックトップを継承するのかなど詳細が発表されておらず、現段階でも不明だ。

しかし、グッドウッドにて公開されるという情報により、市販型が登場するのではと噂されている。コンバーチブルがLC500クーペの5.0リットルV型8気筒エンジンを保持すると仮定すると、最高出力477ps、最大トルク540Nmを発揮。ハイブリッドモデルは、3.5リットルV型6気筒NAエンジン+電気モーターを搭載し、システム最高出力354ps、最大トルク500Nmを発揮することになる。

また市販化された場合、価格はLC500の92,300USドル(約1千万円)、ハイブリッドLC500hの96,810USドル(約1,050万円)を超える100,000USドル(約1,100万円)程度が予想され、メルセデスベンツ『SL』やBMW『8シリーズ』と市場で争うことになる。

レクサスLCコンバーチブル、市販型が7月公開か...ルーフはどうなる?

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/15/323483.html/article/2019/06/15/323482.html/article/2019/06/15/323484.html