運転席がない! ボルボの自動運転EVトラック、荷物を運ぶテストへ

運転席がないボルボの自動運転EVトラック、ヴェラ
運転席がないボルボの自動運転EVトラック、ヴェラ全 5 枚写真をすべて見る

ボルボは、運転席のない自動運転EVトラックコンセプトカーの『ヴェラ』(Volvo Vera)が、スウェーデンで実際に荷物を自動運転で運ぶテストを開始すると発表した。

ヴェラは、次世代の3つの大きな技術となる自動運転、コネクティビティ、電動モビリティの利点を組み合わせて、輸送および物流業務における最適なソリューションを提案した1台だ。完全電動トラックとなっており、パワートレインとバッテリーは、ボルボの市販EVトラックと同じものを搭載する。

ヴェラは、コントロールセンターに接続されている。輸送を管理するコントロールセンターは、輸送の進行状況を継続的に監視し、各車両の位置、バッテリーの充電量、車両の負荷、サービス要件、その他多数のパラメーターを正確にモニターする。

コントロールセンターでは、トラックの不必要な待機を回避し、配送の効率を高めるために、作業の速度と進捗状況を調整する。同じルートを走行する車両は、最適な交通の流れを作り出すために、協力する。

このヴェラが、スウェーデンのDFDSの物流センターとヨーテボリの港湾ターミナルの間で、実際に荷物を自動運転で運ぶテストを開始する。ヴェラには、多くのセンサー、レーダー、カメラを装備しており、自動運転での走行は40km/hを上限に低速で行う。ボルボは、実際の輸送業務にヴェラを導入することが、他の用途への拡大展開の可能性に向けた第一歩になる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • いすゞギガ(東京モーターショー2019)
  • UDトラックスがボルボの協力を得て開発し、海外市場で販売するUDトラックス・クエスター(東京モーターショー2019 )
  • ボルボ 7900 エレクトリック
  • ボルボグループの「つながる」トラック、バス、建設機械
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フォード ブロンコ 2ドア 開発車両(スクープ写真)
  • VW アルテオン シューティングブレーク 開発車両(スクープ写真)
  • VW ティグアン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ