【マクラーレン GT】マクラーレンはエンターテイメントカンパニー…日本支社代表

マクラーレンGT
マクラーレンGT全 9 枚写真をすべて見る

6月20日、東京都渋谷区にある商業施設jingにて「McLraren GT ジャパンプレミア」が開催。新型の超軽量グランドツアラー、マクラーレン『GT』がアンベールされた。

マクラーレン・オートモーティブ日本支社代表の正本嘉宏氏は、マクラーレンとは「ドライバーに最高のドライビングエンゲージメントを提供するエンターテイメントカンパニー」であり、マクラーレンGTは「マクラーレンの価値をグランドツーリングという新たな形で結実させたモデル」と語る。

グランドツアラーとはそもそも、長距離を快適かつ短時間で移動するために設計された車で、“スタイリッシュ”、“快適”、“スポーツカーのようなハンドリング”の要素が求められてきた。しかし長い歴史の中でラグジュアリーな思考が優先され、車体が大きく、そして重くなり、ドライバーとの一体感を失いつつあるのが現状であるという。

マクラーレンGTはそんな昨今のグランドツアラーのあり方に、マクラーレンの思想である“ニュールール”と共に一石を投じるモデルだと語る正本氏。最新の革新的な素材を積極的に採用することで生まれた軽量性。ドライバー第一で設計された実用性の高さ。GTならではのスタイッシュさ、俊敏性。そして細部まで完璧に施されたチューニングによるドライバーと一体感の一体感と快適性。これら4つの特徴により、ライトウェイトなグランドツアラーが従来のグランドツアラーを塗り替えていくという。

同じく発表会に登壇したマクラーレン・オートモーティブチーフデザイナーのゴラン・オズボルト氏も「マクラーレンを際立たせるまったく新しいプロダクト」であるといい「特殊な使命を持って生まれたプロダクト。ラグジュアリーカーでありながらダイナミックエクスペリエンスをマクラーレンとして設計した」と言う。

その特徴として、流れるようなボディラインであり、街乗りでも快適な車高の高さであり、旅行や普段使いにも便利なラゲッジスペースを挙げていた。その上で、スーパーカーらしいデザインや、走行性、爽快感といったものはより一層高まるようにデザインされ、どの車よりもキャビンの中は静かで快適であるという。

「マクラーレンはこれまで新たな驚きと興奮を提供し続けてきた。これからも現状に甘んじることなく常に挑戦し続ける姿勢。そのDNAと情熱を注ぎ込んで、一台一台ハンドメイドで作っていく」とは正本氏の談だ。

《二城利月》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/21/323691.html/article/2019/06/21/323690.html/article/2019/06/21/323692.html