スバル WRX STI、過去最多の145周で2年連続6度目のクラス優勝…ニュル24時間

SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019
SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019全 2 枚写真をすべて見る

スバルテクニカインターナショナル(STI)は、6月20日から23日にかけてドイツで開催された「第46回ニュルブルクリンク24時間レース」に、市販車ベースのレースカー「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019」(88号車)で出場、2年連続、6度目のクラス優勝を果たした。

スバルSTIの参戦は、2008年以来12年目。今年も2.0リットル以下のターボエンジン搭載車クラス「SP3T」に参戦した。

SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019(ドライバー:カルロ・ヴァン・ダム/ティム・シュリック/山内英輝/井口卓人)は、SP3Tクラスのポールポジションからスタート。きわめて過酷なコースを走行する中で、序盤からノートラブルでリードを築き、スバルディーラーメカニック8人を含む整備チームの迅速かつ的確な対応によって完璧なレースを展開。明け方にベストラップタイムを更新するなどドライバー陣も奮闘した。

その結果、SUBARU/STIチームは、2008年の初出場以来最多周回数の145周(約3763km)を走破。総合順位19位、2011年の初優勝以来6度目、昨年に引き続き2年連続となるSP3Tクラス優勝を果たした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 今年2月、ニュルブルクリンク24時間レース参戦に向けてSTI陣営が実施した「シェイクダウン」の模様(場所は富士スピードウェイ)。
  • 近藤真彦率いるKONDOレーシングはニュル24時間に「3年計画」で参戦中(写真は2018年10月、計画発表時)。
  • FALKEN Porsche 911 GT3R
  • 24時間・24チャレンジ動画「#24in24」
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ