エンプラ世界市場、2023年まで年3.51%で成長続く 矢野経済調べ

エンプラ世界市場推移・予測
エンプラ世界市場推移・予測全 1 枚写真をすべて見る

矢野経済研究所は、2018年のエンプラ(エンジニアリングプラスチック)世界市場の調査を実施。幅広い用途で需要は拡大し、2018年から2023年までの年平均成長率は3.51%と予測した。

2018年のエンプラ世界市場規模(メーカー販売数量ベース)は前年比3.7%増の1006万トンになった。自動車や電気製品、電子部品、建材、雑貨など幅広い用途で用いられる汎用エンプラの需要は、世界経済の成長率とほぼ連動しながら、その規模を順調に拡大させている。2018年の樹脂別構成比は、PC(ポリカーボネート)44.0%、PA(ポリアミド)28.8%、POM(ポリアセタール)11.9%、PBT(ポリブチレンテレフタレート)11.6%、変性PPE(変性ポリフェニレンエーテル)3.7%と推計する。

成長品目として注目を集めるのは、PPS(ポリフェニレンサルファイド)。自動車分野での軽量化ニーズの高まりや電装化率の上昇を受けて、金属やエンプラからの代替需要を取り込んでいる。ここ数年、PPS世界市場は年率約6~7%の伸長率で推移しており、2018年には12万トンを超えたと推計する。自動車用途ではイグニッションコイル、各種センサー、ECU制御ユニットハウジングといった電装品向けをはじめ、HEV・EVのモーター周辺部品で採用が拡大。また、最近は冷却系でも金属代替を目指した耐熱水・耐LLC性グレードなどの開発が活発化している。

今後の展望については、2018年後半より米中貿易摩擦や英国のEU離脱問題などを背景に世界経済は減速、2019年には中国や欧州などで経済活動の停滞が鮮明となってきており、エンプラの世界需要も伸長率が減少する可能性が高い。しかし、自動車向けの採用が進むとともに経済成長の回復を見込み、2018年から2023年までの年平均成長率(CAGR)は3.51%で成長し、2023年のエンプラ世界市場規模(メーカー販売数量ベース)は1196万トンになると予測する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動車アフターマーケット市場規模推移
  • ラストワンマイル物流市場の推移
  • 自動車内装用パウダースラッシュコンパウンド市場規模
  • 自動車由来樹脂リサイクル可能性実証の流れ
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/25/323767.html/article/2019/06/25/323766.html/article/2019/06/25/323768.html