コンチネンタル、新世代レーダーで自転車や歩行者との衝突を回避…最新の先進運転支援を発表

コンチネンタルの自転車や歩行者との衝突を回避する最新の先進運転支援システム
コンチネンタルの自転車や歩行者との衝突を回避する最新の先進運転支援システム全 2 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は6月25日、自転車や歩行者との衝突を回避する最新の先進運転支援システム(ADAS)を発表した。

この衝突回避システムは、従来の24GHz(ギガヘルツ)に代えて、77GHzの新世代レーダー技術を使用して作動する。新しいレーダーセンサーは、従来よりも高い解像度と精度で、車両周囲の環境を検出する。その結果、他の道路利用者や障害物を、より正確に検出することを可能にする。

また、77GHzセンサーは、従来の24GHzセンサーよりも、正確に移動方向と速度を検出する。さらに、新世代レーダーはコンパクト設計で、これにより、狭い場所でもシステムを車両に簡単に設置することができる。コンチネンタルによると、レーダーセンサーを車体の四隅に設置すれば、車の周囲を360度ほぼシームレスに監視できるという。

新世代のレーダーセンサーは、車両の後方から接近するサイクリストを検出することができる。交差点を曲がる時、サイクリストが車両の横を通過しようとしている場合、アシストが作動して、自転車との衝突を回避する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルの通信するタイヤ「コンチ・ケア」
  • コンチネンタルの高性能コンピュータのイメージ
  • コンチネンタル VikingContact 7
  • コンチネンタルのドライブコントロールユニットのイメージ
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV