自動運転移動サービスを導入するバス・タクシーの安全性・利便性ガイドラインを公表

無人自動運転移動サービスを導入するバス・タクシー事業者のためのガイドラインの概要
無人自動運転移動サービスを導入するバス・タクシー事業者のためのガイドラインの概要全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、無人自動運転移動サービスを導入するバス・タクシー事業者のための安全性・利便性ガイドラインを策定したと発表した(26日)。

政府が2020年の実現を目指している限定地域での無人自動運転移動サービス(レベル4)では、旅客自動車運送事業者は、運転者が車内にいる場合と同等の安全性、利便性の確保が求められる。国土交通省は、旅客自動車運送事業者が、ドライバーレス自動運転車で旅客運送を行う場合、安全性と利便性を確保するため、基本的な考え方を示した「限定地域での無人自動運転移動サービスにおいて旅客自動車運送事業者が安全性・利便性を確保するためのガイドライン」を策定した。

基本的な考え方として事業者は所要の環境、体制等の整備、確認等を責任を持って行うことや、運行に関する状況を適切に把握し、非常時の状況把握・対応する必要はある。遠隔操作者は・道路運送法上の運転者に課された義務を負うことを認識した上で、道路交通法を遵守し、運行の安全を確保する。

運転者以外の乗務員は必要に応じて車内に配置し、非常時の状況把握・対応を行う。

また、事業者の対応が必要な事項としては、交通ルールを遵守した運行安全の確保、旅客の安全確保、点検・整備による車両の安全の確保、運行前の点検の実施の確認、非常時の対応、連絡体制の整備などについて示した。。

ガイドラインにより、限定地域での無人自動運転移動サービスの実現に向け、安全性と利便性の確保を図る。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 先進安全技術による被害低減効果予測のための、車両の衝突直前挙動に基づく傷害予測モデル
  • 令和2年7月豪雨で多くの車両が被災した(7月8日、球磨郡)
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 新しいモビリティサービスの社会実装を目指す実証地域
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ