BMWが電動バイクを提案、『ヴィジョンDCロードスター』発表

「ボクサーツインエンジンを電動パワートレインに交換したら」が開発テーマ

高トルクで息をのむような加速が可能

イグニッションオンで冷却システムが動き発進準備完了を示す

BMWモトラッド・ヴィジョンDCロードスター
BMWモトラッド・ヴィジョンDCロードスター全 15 枚写真をすべて見る

BMWグループの二輪部門、BMWモトラッドは、ドイツ・ミュンヘンで開催した「#NEXT GEN」において、コンセプトバイクの『ヴィジョンDCロードスター』(BMW Motorrad Vision DC Roadster)を発表した。

「ボクサーツインエンジンを電動パワートレインに交換したら」が開発テーマ

BMWモトラッドは90年以上にわたり、2気筒ボクサーエンジンを、技術的かつ視覚的なアイデンティティに位置付けてきた。BMWグループは現在、電動化に取り組んでいる。ヴィジョンDCロードスターは、「BMWモトラッドのアイデンティティのボクサーツインエンジンを、モーターとバッテリーを搭載する電動パワートレインに交換したら、どうなるか」をテーマに開発された電動コンセプトバイクだ。

ヴィジョンDCロードスターには、本来エンジンがある部分に、垂直に取り付けられた縦型バッテリーを搭載する。バッテリーの両サイドには、冷却のためのファンが装着されている。BMWモトラッドによると、1923年にマックス・フリッツが開発したBMW『R32』のボクサーエンジン同様、最適な場所に冷却システムをレイアウトするBMWモトラッドの伝統を再現したものになるという。

シートや冷却システムは、バッテリーの周囲に浮かんでいるように見えるデザインとした。フレームには、縦方向に複数の溝が配されており、力強い視覚効果を生み出す。カーボンファイバーやアルミなどの素材により、軽量化を追求した。バッテリー、フレーム、冷却システムには、目を引く赤いコントラストが与えられている。

高トルクで息をのむような加速が可能

ヴィジョンDCロードスターは、全体をダークカラーで仕上げる。露出したユニバーサルシャフトやデュオレバーは、古典的なBMWモトラッドの機能を再解釈したものだ。フレームにも、初期のBMWのオートバイの典型的な特長を反映している。

フロントライトとテールランプは、ミニマルデザインとした。ヘッドライトは、2つの小型LEDレンズがロービームとハイビームの役割を持ち、平らなU字型のLEDデイタイムランニングライトを採用する。テールランプは2つのC字型LEDで構成されており、アルミ製のリアキャリアに組み込まれた。BMWモトラッドによると、昼夜を問わず、BMWのオートバイと瞬時に認識できる特長を備えているという。

円筒形の電気モーターはバッテリーの下に配置されており、ユニバーサルシャフトに直接接続されている。モーターやバッテリーのスペックは公表されていないが、BMWモトラッドによると、高レベルのトルクが息をのむような加速をもたらすという。

イグニッションオンで冷却システムが動き発進準備完了を示す

大型バッテリーは、アルミ製のフレームの中央に配置された。バッテリートリムの表面は立体的な仕上げだ。冷却システムは、バッテリーのシルエットをわずかに前方へ傾いているように見せ、躍動感を表現した。イグニッションをオンにすると、冷却システムが動き、発進の準備ができたことを示す。

タイヤは、メッツラーが開発を手がけた。側面には、切手ほどの大きさの5つの蛍光パーツが組み込まれている。走行する際には、この蛍光パーツがグラフィック効果を生み出すと同時に、夜間の被視認性を高めている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/01/323983.html/article/2019/07/01/323982.html/article/2019/07/01/323984.html