軽自動車新車販売、1.8%増の101万8071台で3年連続プラス 2019年上半期

ダイハツ・タントカスタム新型(7月発売予定)
ダイハツ・タントカスタム新型(7月発売予定)全 2 枚写真をすべて見る

全国軽自動車協会連合会は7月1日、2019年上半期(1~6月)の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。前年同期比1.8%増の101万8071台で3年連続プラスとなった。

車種別では乗用車が同0.1%減の78万9399台で3年ぶりのマイナス、貨物車は同8.9%増の22万8672台で3年連続のプラスとなった。貨物車のうち、ボンネットバンはホンダ『N-VAN』の登場により同455.6%増の3万1801台となり、19年ぶりのプラス。キャブオーバーバンは同10.0%減の10万1092台で4年ぶりのマイナス、トラックは同4.2%増の9万5779台で2年ぶりのプラスとなった。

ブランド別では、ダイハツが同1.5%増の32万4130台を販売し、13年連続のトップ。スズキも同1.0%増の30万8682台と好調だったが、首位ダイハツに1万5448台差の2位となった。その他、マツダとスバルを除く国内全ブランドが前年同期実績を上回った。

2019年上半期 軽自動車新車販売台数ブランド別ランキング

1位:ダイハツ 32万4130台(1.5%増・3年連続増)
2位:スズキ 30万8682台(1.0%増・3年連続増)
3位:ホンダ 19万9954台(7.1%増・3年連続増)
4位:日産 10万1556台(2.7%増・3年連続増)
5位:三菱 3万1501台(3.1%増・3年連続増)
6位:トヨタ 1万9776台(31.3%増・3年連続増)
7位:マツダ 1万8999台(3.9%減・2年連続減)
8位:スバル 1万3212台(18.3%減・2年連続減)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ CBR250RR(2018年)
  • ポメシェ・パナメーラ
  • トヨタ・ヤリス新型
  • ホンダN-BOX
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV