北九州市で連節バス運行…西鉄、拠点間BRTの一環 7月22日より

メルセデスベンツ・シターロ-G
メルセデスベンツ・シターロ-G全 2 枚写真をすべて見る

西鉄グループの西鉄バス北九州は、7月22日より小倉~黒崎間、小倉~戸畑間にて、連節バスの運行を開始すると発表した。

同社は、北九州市と協働で人口減少・超高齢化社会に対応した持続可能な公共交通ネットワークの再構築を図るため、拠点間BRT(バス高速輸送システム)の形成等に取り組んでおり、その一環として、連節バスを導入する。

導入する連節バスはメルセデスベンツ『シターロ-G』2台。北九州市の主要幹線区間である小倉~黒崎間を1日7往復、複数の学校があり、通学時間帯の利用が多い小倉~戸畑間を1日1往復運行する。運賃は通常の路線バスと同額で、小倉~黒崎間が380円、小倉~戸畑間が320円。

今後は2ルートでの増便や他ルートでの運行について検討を行い、将来的には合計10台の連節バスを導入する予定。そのほか、連節バスを活用し、幹線バス路線と支線バス路線の再編や乗り継ぎ拠点の整備等を行う計画だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 北九州空港連絡橋
  • バス停バリアレス縁石システム PlusStop(プラスストップ)
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。
  • 2017年7月の九州北部豪雨で橋脚が倒壊した久大本線の花月川橋梁は、翌年には架け替えられて復旧したが、今回の豪雨で再び様子が気遣われる。
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV