シボレー コルベット 次期型に1000馬力のPHV!? デビュー直前テストを激写

シボレー コルベット 次期型(C8)スクープ写真
シボレー コルベット 次期型(C8)スクープ写真全 11 枚写真をすべて見る

シボレー『コルベット』次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンクでの高速テストに姿を見せた。

シボレーコルベットは、1954年に初代がデビューした伝統のアメリカンスポーツだ。「C8」世代となる次期型では、歴代ではじめてミッドシップレイアウトを採用することで話題となっている。

ニュルで捉えた最新プロトタイプは、現行モデルよりシャープな市販型ヘッドライトを装備。フィンを備えるメッシュのコーナーエアインテークや、アグレッシブなスプリッター、サイドミラー、エンジン冷却用のサイドエアインテークなどのデザインが見てとれる。

またミッドシップレイアウトであることが再認識できるリアエンドからは、テールライトの一部やリアウィングの形状も確認できる。


パワートレインは、エントリーモデルに6.2リットルV型8気筒「LT1」エンジンを用意。LT1は、「スティングレイ」と「グランスポーツ」では460psを発揮するが、新型ではキャデラックの「Blackwing」エンジンをベースとし、最高出力500psへ引き上げられる。

上位には、最高出力800psを発揮する5.5リットルV型8気筒ツインターボエンジンがラインアップされ、トランスミッションは8速DCTが予想される。また最新情報では、ハイパーカー並の1000psを発揮するハイブリッドやEVバージョンも設定される可能性があるというから楽しみだ。

ワールドプレミアはドアに記されている通り、7月18日、19日にカリフォルニアで行われる2デイズのイベントで予定されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/03/324068.html/article/2019/07/03/324067.html/article/2019/07/03/324069.html