はたらく乗り物が川口駅前に集合、実車展示や乗車体験など 7月7日

ふれあい のりものフェスタ川口
ふれあい のりものフェスタ川口全 3 枚写真をすべて見る

はたらく乗り物が大集合するファミリー向けイベント「ふれあい のりものフェスタ川口」が7月7日、川口総合文化センター「リリア」(JR川口駅西口正面)にて開催される。参加は無料。

当日は、パトカーや白バイ、消防車、バスなど、はたらく車が大集合。実車展示や乗車体験に加え、制服を着ての撮影会も行われる。また、アニメ「新幹線変形ロボシンカリオン」も来場。シンカリオンE5はやぶさと一緒に写真が撮れるほか、シンカリオンE5はやぶさワゴンも展示される予定だ。

さらにJR大宮駅の鉄道グッズ販売店「レールヤード」が出店するほか、乗り物の塗り絵を使った下敷きづくり教室、新幹線のペーパークラフト教室、プラレール&HOゲージ模型の運転体験に加え、夜間線路上を点検して走るレール点検車を展示。JRで保管する、国鉄~JRまでの京浜東北線や川口周辺を走った列車で使用したヘッドマークの展示も行われる。

また休憩スペースでは、冷たい飲み物やおむすび、パンなどの軽食やケーキに加え、駅弁で人気のおぎのやの「峠の釜めし」も限定販売。のりものに関するビデオを鑑賞しながら、食事がとれるようになっている。3階ギャラリーでは、川口南幼稚園の年長の園児に描いてもらった「未来ののりもの お絵かき展示」と川口駅やその周辺の今と昔の写真を展示する「いまむかし写真展」が実施される。

その他、7月6・7日に蕨駅周辺で開催される「わらてつまつり」とのコラボ企画として、スタンプラリーが実施され、両方の会場でスタンプを集めた先着1000名(各会場500名)はオリジナル記念硬券がもらえる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 伊豆急線と伊東線が接続する伊東駅。Phase2では以北の熱海までフリーエリアが広がる。
  • 旅行商品の臨時列車として、10月に東北新幹線大宮以北と上越新幹線を直通することになったE4系。
  • 2022年3月の開業が予定されている宇都宮ライトレールの軌道が整備される宇都宮駅東口。その際にSuicaの地域連携ICカードが導入される予定。
  • 一昨年は大宮駅、昨年は上野駅まで来た「現美新幹線」。今年はついに東京駅までやって来る。
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/06/324161.html/article/2019/07/06/324160.html/article/2019/07/06/324162.html