トヨタ スープラとレクサス LC コンバーチブル試作モデルがヒルクライムに登場…グッドウッド2019

グッドウッド・フェスティバルオブスピード2019
グッドウッド・フェスティバルオブスピード2019全 44 枚写真をすべて見る

トヨタは、4日からイギリス・サセックスで開催中の「グッドウッド・フェスティバルオブスピード」において3台の『スープラ』を走行させた。

「GRスープラ」(市販モデル)は多田哲哉チーフエンジニア、「GR スープラ GT4 コンセプト」はFIA世界耐久選手権(WEC)で活躍中のマイク・コンウェイ選手、「トヨタ GR スープラ Drift by HKS」は谷口信輝選手がそれぞれドライバーを努め、全長約1.9kmのタイトなヒルクライムコースを一気に駆け抜けた。

トヨタパビリオンには、先月のルマン24時間レース2019で優勝した「TS050ハイブリッド」、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦した「GRスープラ」、ダカールラリー2019を制した「ハイラックス」、FIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦中の「ヤリスWRC」のレプリカなどが置かれ、モータースポーツでの活躍をアピール。さらに「GRスープラ」や「ヤリスGRMN」、「カローラGRS」、『GT86』(日本名:『86』)の「クラブシリーズ・ブルーエディション」など、モータースポーツ活動での知見を活かした市販車モデルの展示も行い、来場者の注目を集めていた。

一方レクサスは、『LC』コンバーチブルモデルのプロトタイプ車を世界初披露。こちらもヒルクライムを走行した。レクサスインターナショナルの佐藤恒治エグゼクティブバイスプレジデントは、「グッドウッド・フェスティバルオブスピードは、新旧の名車とドライバーが集う歴史ある自動車の祭典であり、自動車文化を継承・発展させる場所であると考えている。レクサスにとってこの場に参加できることは大変光栄なことであり、2016年のフラッグシップクーペLCに続き、再びこの地でLCコンバーチブルモデルの試作車をいち早くお披露目できることはこの上ない喜び」とコメントしている。

《吉田 瑶子》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/06/324171.html/article/2019/07/06/324170.html/article/2019/07/06/324172.html