東陽テクニカ、自動車計測ソリューションを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2019名古屋

東陽テクニカのブースイメージ
東陽テクニカのブースイメージ全 1 枚写真をすべて見る

東陽テクニカは、7月17~19日にポートメッセなごやで開催される自動車技術者のいための技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展すると発表した。

自動車の技術トレンドである「自動運転/ADAS(先進運転支援システム)」の開発を支える計測器をはじめ、車両開発での課題である「安全性」「品質」「振動/騒音」を解決する自動車計測ソリューションを、ブース展示と2つのワークショップで紹介・提案する。

横浜で好評だった実写映像内をバーチャル運転できる機能をドライビングシミュレーターに搭載するソフトウエア「リアルビデオドライブプレイヤー」も、実際にモニターを見ながらハンドル操作できる形で展示する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • バーチャルスタイリングが楽しめる「リモートファッションコミュニケーションビークル」
  • 触感や温度をグローブを介して、遠隔地で共有できる「3原触モジュール」のデモ
  • 人とくるまのテクノロジー展2019名古屋に出展したNOKブース
  • アイシンとスギ薬局が豊明市の支援の下、「チョイソコ」の事業化をスタートさせた。車両は2台で運用中
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/07/324187.html/article/2019/07/07/324186.html/article/2019/07/07/324188.html