都営バス、新海誠監督最新作『天気の子』とタイアップ 「雨の日は、都バスで」

タイアップポスター
タイアップポスター全 2 枚写真をすべて見る

東京都交通局は、新海誠監督の最新作『天気の子』(7月19日公開)とタイアップ、劇中に出てくる都営バスのシーンを元に、新たに描き起こしたタイアップポスターを都営地下鉄の駅や車内、都営バスの車内などに掲出する。

タイアップのコンセプトは「雨の日は、都バスで。雨が降っても、どこへでも行ける。傘がなくても、東京は楽しめる。都バスに乗れば、気分も晴れる」。映画のテーマでもある「天気」のキーワードと、都営バスのもつ「雨の日の利便性」を組み合わせ、「都バスに乗れば、雨の日でも東京を楽しめる」という都営バスの魅力をアピールする。

7月8日から22日までの期間、都営地下鉄大江戸線の車内広告をタイアップポスターや劇中場面カットで独占するほか、都営大江戸線 新宿駅では7月22日まで、都営浅草線 新橋駅では14日まで駅ジャック広告を展開。さらに、都営バス車内・各営業所、都営地下鉄車内・各駅、東京さくらトラム(都電荒川線)車内・荒川電車営業所、日暮里・舎人ライナー車内・各駅にタイアップポスターを順次掲出する。

また、「雨の日は、都バスで。」のコンセプトに合わせ、劇中に出てくる都営バスのシーンを編集したタイアップ動画を作成し、都営交通の各媒体等で放映。映画の主人公・帆高役の醍醐虎汰朗のナレーションに加え、RADWIMPSが歌う主題歌「愛にできることはまだあるかい」を使用したタイアップ動画となっている。

さらに、9月30日まで、「天気の子」のラッピングバスが3台、都内各地を走行。渋谷駅と新橋駅を結ぶ都01系統では、車内広告を全てタイアップポスターや劇中場面カットで独占する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2001年に登場したこの40形の引退を機に、1957年12月の開業以来、およそ62年におよぶ歴史にいったん幕を閉じる時が迫った上野動物園モノレール。東京都交通局では「今後の車両更新またはそれに替わる方策については、都民等のご意見を伺いながら、検討していきます」としている。
  • 「SoundUD」を活用した多言語サービス
  • CBTCが導入される都営大江戸線用の12-600形電車。
  • 都バス(ノンステップバス)
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/07/324188.html/article/2019/07/07/324187.html/article/2019/07/07/324189.html