2018年7月豪雨による高速道路の通行規制がすべて解除に

被災(2018年7月7日)
被災(2018年7月7日)全 3 枚写真をすべて見る

国土交通省は、2018年7月の西日本豪雨で被災したことから実施していた高速道路の規制を1年かけてすべて解除したと発表した。

2019年7月豪雨による土砂崩落に伴って高知自動車道の新宮IC(インターチェンジ)~大豊IC間の上り線の立川橋上部工が流出した箇所で、4車線を上下それぞれ1車線に規制しながら復旧工事を進めていた。

工事が順調に進んだことから、7月8日朝に上下線各2車線の4車線に復旧する。これによって2018年7月豪雨による高速道路の規制はすべて解除となる。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在、4系統が集中する広島駅停留場へのルート。車の通行や信号待ちなどで停留場への進入に時間を要している状況。
  • 自動車アセスメントを紹介するブースのイメージ
  • 台風19号の被災状況(10月15日、茨城県水戸市)
  • ASV紹介ブースのイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/08/324205.html/article/2019/07/08/324204.html/article/2019/07/08/324206.html