トーヨータイヤ、設計基盤技術「T-mode」の進化など紹介予定…人とくるまのテクノロジー2019名古屋

トーヨータイヤ ブースイメージ
トーヨータイヤ ブースイメージ全 2 枚写真をすべて見る

トーヨータイヤは、7月17~19日にポートメッセなごや(名古屋市)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展、「人の感覚や感性に働きかけるテクノロジー」や「未来モビリティをデザインするテクノロジー」など、同社独自のユニークな技術アプローチを集積して紹介する。

同展示会には、空気充填不要のエアレスタイヤ「ノアイア」をはじめ、ナノレベルでタイヤのゴム材料をコントロールする「ナノバランステクノロジー」を採用し、エネルギーロスを大幅に低減させたトラック・バス用低燃費タイヤ「ナノエナジー」シリーズを展示する。

また、「CASE」に対応する基盤技術となる、同社独自の設計基盤技術「T-mode」の進化を紹介するほか、昨年発表した「トーヨーサイレントテクノロジー」に基いて開発したタイヤ空洞共鳴音を効果的に低減するデバイスを装着したタイヤのプロトタイプを展示するなど、次世代モビリティを見据えた技術力を訴求する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マッド・マイク選手
  • 右からTOYO TIRE 株式会社 TB開発部の藤岡剛史氏、西尾泰一氏、モータージャーナリストの藤島知子氏
  • メンテナンス・ソリューションの概念図
  • D1 GRAND PRIX Rd.1 OKUIBUKI
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ