住友理工、自動運転対応の「ステアリングタッチセンサー」など展示予定…人とくるまのテクノロジー2019名古屋

住友理工/住友電工/住友電装の共同ブース(イメージ)
住友理工/住友電工/住友電装の共同ブース(イメージ)全 8 枚写真をすべて見る

住友理工は、7月17~19日にポートメッセなごや(名古屋市)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に、住友電工、住友電装と3社共同で出展。自動運転対応の「ステアリングタッチセンサー」や「高機能アームレスト」を出品する。

電気自動車(EV)化の動きや、自動運転車の実用化に向けた取り組みが加速する中、住友理工は同社の強みである「高分子材料技術」「総合評価技術」を駆使し、新たな製品や材料の研究・開発に取り組んでいる。今回の出展では、5月に開催された「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」で初披露した「ステアリングタッチセンサー」「高機能アームレスト」のほか、「ハプティクスインターフェース」「ドライバーモニタリングシステム」を紹介する。

自動化レベル2~3では、一定の条件下での走行はシステムが自動的に行うが、それ以外や緊急時などは、ドライバーがステアリングを握る必要がある。今回初出展するステアリングタッチセンサーは、同社独自開発の柔軟で電気を通すゴム材料のセンサー「スマートラバー(SR)センサ」を応用して、ステアリングに内蔵。ドライバーがステアリングを握っているか、片手か両手なのか、どの位置かを検知可能としている。展示会では、ステアリングの握った場所に応じて、ステアリングタッチセンサーが応答する様子を可視化した製品を披露する。

また、自動化レベルが4~5に進み、ステアリングを握る必要がなくなった場合、ドライバーはアームレストへ常に腕を置き、他の搭乗者を含めデジタルデバイスなどマルチメディア操作を行うことが予想される。展示会では、USBポートとスマートラバー(SR)・アクチュエータースイッチを一体成型した高機能アームレストを体験してもらう。

ステアリングタッチセンサーステアリングタッチセンサー

さらに、ドライバーの心拍や呼吸、体の動きの検知を目指す「ドライバーモニタリングシステム」の体験や、高機能アームレストにも活用されている技術「ハプティクス(触覚)インターフェース」の展示など、未来のクルマ社会を見据えた取り組みを紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 商用車にもAMG !? メルセデスベンツ『シタン45』設定のウワサ
  3. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  4. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  5. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  6. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  7. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  8. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  9. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
  10. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
ランキングをもっと見る