トヨタ欧州販売が4年連続で増加、RAV4 は新型効果で25%増 2019年上半期

トヨタRAV4 新型(欧州仕様)
トヨタRAV4 新型(欧州仕様)全 5 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは7月10日、2019年上半期(1~6月)の新車販売の結果を公表した。総販売台数は57万8388台。前年同期比は3.3%増と、4年連続で前年実績を上回った。

全販売台数57万8388台のうち、トヨタブランドは53万7928台。前年同期比は3.2%増と、引き続き前年超えを達成している。

最量販モデルは、『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』に相当)。上半期は12万3266台を販売し、前年同期比は6.2%増と、2年連続で前年実績を上回った。クロスオーバー車の『C-HR』は上半期、7万8369台を売り上げ、前年同期比は0.8%増とプラスを維持した。

『カローラ』は上半期、6万9446台を売り上げ、前年同期に対して、およそ2.3倍と伸び、5年ぶりに回復。これは、『オーリス』の後継車として、『カローラハッチバック』(日本名:『カローラスポーツ』に相当)を投入した効果が大きい。

トヨタ・カローラ・ハッチバック新型(欧州仕様)トヨタ・カローラ・ハッチバック新型(欧州仕様)

また、『RAV4』は上半期、7万2791台を売り上げた。前年同期比は25.3%増と、4年ぶりに増加する。新型を発売した効果が表れた。入門コンパクトカーの『アイゴ』は上半期、5万5693台を販売。前年同期比は8%増と、2年連続で前年実績を上回っている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  3. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  4. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  5. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  6. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  7. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  8. ポルシェ タイカン、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンと共演…30年前の未来が現実に[動画]
  9. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  10. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
ランキングをもっと見る