養老鉄道にもハローキティのラッピング車…全通100周年を記念 7月13日から

養老鉄道のハローキティラッピング電車のイメージ。桑名市の多度大社など、沿線の観光スポットもモチーフとなっている。
養老鉄道のハローキティラッピング電車のイメージ。桑名市の多度大社など、沿線の観光スポットもモチーフとなっている。全 1 枚写真をすべて見る

桑名駅(三重県桑名市)と揖斐駅(岐阜県揖斐川町)を結ぶ養老線を運営する養老鉄道は、7月13日からハローキティのラッピング電車を運行する。

前身である養老鉄道(初代)が、1919年4月に現在の養老線を全通させてから今年で100周年を迎えることを記念して運行されるもので、600系D01編成(601+551+501)がラッピングされる。

11月30日まで大垣~桑名間、大垣~揖斐間の2系統に分けて運行され、運行初日の7月13日は11時20分から11時50分頃まで大垣駅のホームで出発式が開催される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区に投入される新観光列車の内外装イメージ。
  • 車両モニタリングシステムが導入されるJR貨物のEH800形電気機関車。
  • トンネル内での惨事を免れたJR九州の特急『かもめ』。
  • 新宿方面まで顔を見せることになったヨコハマネイビーブルーの相鉄12000系。
  • ドローンを使った鉄道施設点検実験の様子。
  • 副駅名称の設置イメージ。駅名標の下部に掲出する。
  • 妙高高原駅で発車を待つ妙高はねうまラインの列車。妙高高原駅からの場合、日本海ひすいラインの能生(のう)駅以遠まで利用すれば、「トキ鉄18きっぷ」の方が割安となる。
  • 長崎トンネル内で異音を感知して緊急停止した特急『かもめ』。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/12/324356.html/article/2019/07/12/324355.html/article/2019/07/12/324357.html