NOK、電動車向け低フリクションシールなど紹介予定…人とくるまのテクノロジー2019名古屋

NOK ブースイメージ
NOK ブースイメージ全 2 枚写真をすべて見る

オイルシールメーカーのNOKとグループ会社の日本メクトロンは、7月17~19日にポートメッセなごやで開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展する。

NOKは「未来のモビリティーを支えるNOK製品」をコンセプトに企画・展示を行う。低フリクションシール「Le-μ's(レミューズ)」は、シール性能を保持しながら低フリクションを実現する高機能ブランド。低フリクション技術により駆動力損失を低減し、低燃費・低電費化に貢献する。

耐塩水腐食性向上ガスケットは、ソフトメタルガスケットに耐塩水腐食機能を付加。特殊なビード形状の開発により、ユニットの高寿命化に貢献する。アルミ腐食防止グリースは、シール部品と耐水性に優れたグリースを併用することにより、アルミ筐体シール面の塩水による腐食を軽減。ユニットの高寿命化に貢献する。

このほかNOKブースでは、高温・高圧シールや高速回転対応超低トルクシール、高減衰防振ゴム、熱伝導部材「Tran-Qクレイ」など、電動車に求められる静粛性・腐食対策などに対応できる製品・技術を多数紹介する。

一方、日本メクトロンは、自動車FPC(フレキシブルプリント基板)をはじめとする各種製品を紹介する。

ブースではこれからのさらなるEV化に向け、FPCを活用した提案型のデモ機を展示。ライト向けの放熱FPCや座った状況をモニタリングする曲げ感知FPC、曇りを防止するヒーターFPCなど、単なる配線だけに留まらない機能性を付与したFPCの適用例を紹介する。特に新規商品のヒーターFPCは、抵抗配線の最適設計により、要望に応じた温度分布が可能。サーミスタやヒューズ等の部品実装できるFPCとして注目だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 人とくるまのテクノロジー展2019名古屋に出展したNOKブース
  • NOKのブース
  • NOKのホームページ(2016年8月)
  • ダイハツブースより(東京モーターショー15)
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/12/324370.html/article/2019/07/12/324369.html/article/2019/07/12/324371.html