【鈴鹿8耐】2020年は7月19日に決勝レース、東京五輪開幕前に開催決定

鈴鹿8耐、2018年スタート
鈴鹿8耐、2018年スタート全 1 枚写真をすべて見る

モビリティランドは、「"コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース」2020年大会の決勝日を7月19日に決定した。

鈴鹿8耐決勝レースは例年、7月最終日曜日にが行われてきたが、2020年は東京オリンピックが7月24日に開幕するため、7月19日に変更する。

2019-2020 FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)は、2019年9月にフランスのボルドールで開幕し、12月の第2戦は初のウインターシリーズとなるマレーシアのセパンで開催される。2020年4月にはフランスのル・マン、 6月にはドイツのオッシャースレーベンで開催され、グランドフィナーレを飾る鈴鹿8耐は、日本の一大会にとどまらない世界一を決定する注目の大会となっている。

●2019-2020 FIM世界耐久選手権カレンダー
・2019年9月21~22日 ボルドール24時間/フランス
・2019年12月14日 セパン8時間/マレーシア
・2020年4月18~19日 ルマン24時間/フランス
・2020年6月6日 オッシャースレーベン8時間/ドイツ
・2020年7月19日  "コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース/日本

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R
  • SHOEI X-Fourteen MM93 ブラックコンセプト2.0
  • テネレ700 ABS Low
  • ホンダ CBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)
  • ハスクバーナ ヴィットピレン401&スヴァルトピレン401
  • ホンダ CBR1000RR-R ファイヤーブレードSP

ピックアップ