ダイハツ、コンセプトカー『HY Fun』を初公開…インドネシアモーターショー2019

ダイハツ HY Fun
ダイハツ HY Fun全 1 枚写真をすべて見る

ダイハツは、7月18日にジャカルタで開幕した「ガイキンド:インドネシア国際オートショー2019」(インドネシアモーターショー2019)に出展、コンセプトカー『HY Fun』を初公開した。

HY Funは、インドネシアで人気のMPVモデルのコンセプトカー。若年層をターゲットに、デザインや先進的な装備などを織り込んだ新時代のMPVとした。

ダイハツはこの他、会場限定の特別仕様車や、多目的乗用車『セニア』をベースにスポーティテイストを加えた参考出品車「セニアスポーツ」などの現地車両に加え、DNGA第1弾として日本で発売した新型『タント』など13台を出展した。

また今回は小型乗用車『シリオン』のボディを用いたプロジェクションマッピングなど、様々な演出を行う。会場の外ではスマートアシストの実演デモを行い、「先進技術をみんなのものに」を掲げるダイハツとして、インドネシアの顧客へダイハツの取り組みを紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • いすゞ・トラガ
  • GMインドネシアが発表した新型スパーク(左)と新型トレイルブレイザー
  • GIIAS2018で、中国、フィリピンに続く3番目の発表となった『テラ』
  • アイラ・ターボコンセプト
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ