東個協のタクシー車両、「PayPay」での決済可能に

東京都個人タクシー協組のタクシーでPayPayでの支払い可能に
東京都個人タクシー協組のタクシーでPayPayでの支払い可能に全 2 枚写真をすべて見る

東京都個人タクシー協同組合は、ソフトバンクグループとソフトバンク、ヤフーの3社が共同出資するPayPayと提携し、都内を中心に営業する東個協のタクシーに「PayPay」を導入すると発表した。

2019年7月から一部のタクシーで「PayPay」の導入を開始しており、2019年7月中には、一部車両を除く東個協のタクシーで利用できるようになる予定。

東個協のタクシーでコード決済サービスの導入は初めて。PayPayでの支払い方法は、ユーザーがQRコードを読み取る「ユーザースキャン(スキャン支払い)」方式。支払いの際、車内で提示された「PayPay」のQRコードを読み取ることで、乗車運賃を支払える。

現在、横浜市を中心に営業する横浜個人タクシー協同組合のタクシー(一部を除く)でもPayPayが導入されており、同じ方法で支払える。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4。レクサスLSベース(参考画像)
  • DiDiモビリティジャパン
  • CBcloud「PickGO」
  • タクシー(イメージ)
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/22/324687.html/article/2019/07/22/324686.html/article/2019/07/22/324688.html