コマツのエンジン式フォークリフト、LPG漏れで発火のおそれ リコール

改善箇所
改善箇所全 2 枚写真をすべて見る

コマツは7月19日、エンジン式フォークリフト(LPG仕様車)のLPGベーパライザ取付ブラケットに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2005年1月28日~2008年8月9日に製造された9型式372台。

LPGベーパライザ取付ブラケットの強度が不足しているため、ローアイドル時に油圧負荷を掛けるような操作を繰り返すと、エンジンの振動により、ブラケットに亀裂が生じるものがある。そのため、そのまま使用を続けるとブラケットが折損し、LPGベーパライザが固定できなくなり、燃料配管に負荷が掛かり、最悪の場合、燃料配管が折損し、LPGが漏れ、発火するおそれがある。

不具合および事故は起きていない。改善措置として、全車両、ブラケットを対策品に交換し、燃料ホースを新品に交換する。また、振れ止めを追加する。

市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コマツ モーターグレーダー「GD405-7」
  • Vale社カラジャス鉄鉱山への導入1号機となる超大型無人ダンプトラック930E
  • コマツ PC18MR-5
  • コマツ バッテリー駆動式ミニショベル
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ