タイムズ24、東京2020大会の駐車場対策に予約システムを提供 実証実験を開始

建設中の国立競技場(2019年5月)
建設中の国立競技場(2019年5月)全 2 枚写真をすべて見る

タイムズ24は、「東京2020オリンピック・パラリンピック駐車場対策協議会」による決定を受け、東京2020大会に向けた実証実験に駐車場予約システムを提供すると発表した。

今年5月に設置された協議会では、東京2020大会期間中の新国立競技場の周辺など、重点的に交通規制を行うエリアにて、駐車場探しによるうろつきを抑えるための対策を検討してきた。その対策の一つとして、時間貸駐車場に予約システムを導入し、予約専用駐車場として運営することを決定した。導入システムは、タイムズ24の予約制駐車場「B」のシステムをベースに、東京2020大会用として同社が構築を進めている。

東京2020大会期間中に予約可能となる時間貸駐車場等は、同社が会場周辺で多数展開している「タイムズパーキング」のほか、民間駐車場事業会社による提供を見込んでいる。

協議会は本番に向けて、時間貸駐車場を予約専用駐車場として営業した際の運用上の課題を検証するため、東京2020大会と同じエリアで8月10日に開催される「神宮外苑花火大会」に合わせ、予約制駐車場「B」などを活用した実証実験を実施する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ・スーパーキャリイ
  • カーシェアリングの例:タイムズカーシェア
  • タイムズビジネスカード
  • 予約制駐車場「B」
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ