ケーヒン・ヨーロッパを2021年末に解散 ホンダの欧州生産撤退で

ホンダの英スウィンドン工場
ホンダの英スウィンドン工場全 2 枚写真をすべて見る

ケーヒンは8月2日、主要納入先であるホンダが英国とトルコの工場を閉鎖するため、英国子会社であるケーヒン・ヨーロッパを2021年12月に解散すること決定したと発表した。

ケーヒン・ヨーロッパは生産品目と生産数量の減少に対応して2014年9月に生産活動を停止し、欧州の納入先に対する物流・営業拠点として機能を縮小して事業運営してきた。

しかし、主要納入先であるホンダが、2021年中に英国とトルコでの現地生産を終了することを決定したことを受けて、ケーヒンが機能を英国国内に備える必要性がなくなると判断、ケーヒン・ヨーロッパを2021年12月に解散する。

ケーヒン・ヨーロッパは2001年11月に設立した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日立とホンダの部品会社統合についての会見の様子
  • 日立と1年後に新会社、「名を捨てて実をとる?」ホンダ系部品3社[新聞ウォッチ]
  • 6社の現状
  • ケーヒン(東京モーターショー2019)
  • 日産 キャシュカイ 現行モデル
  • ポルシェ カレラGT ザガート
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/08/05/325213.html/article/2019/08/05/325212.html/article/2019/08/05/325214.html