地方創生の核となる「道の駅」の新設・リニューアル案を募集 国交省

道の駅(イメージ)
道の駅(イメージ)全 3 枚写真をすべて見る

国土交通省は、「道の駅」を地方創生や地域活性化の拠点とするための企画を募集すると発表した。

「道の駅」は、地方創生を具体的に実現していくための有力な手段となっており、国土交通省では2014年度から関係機関と連携して、地方創生の核となる特に優れた企画を選定し、重点的に支援する重点「道の駅」の取り組みを実施している。

今回、地方創生や地域活性化の拠点の形成等を目指した「道の駅」の新設やリニューアルなどの企画提案を募集する。

国土交通省では、各地方整備局からの推薦を受けた企画提案に対して、有識者の意見を踏まえて10箇所程度の重点「道の駅」の選定する予定。選定にあたっては、必要に応じて有識者による現地視察も実施する。

重点「道の駅」に対する支援では、道路区域内の駐車場、休憩施設、トイレ、道路情報提供施設など、直轄道路事業と社会資本総合交付金の重点配分によって国土交通省が支援する。自治体・関係機関による協議会を設けて、複数の関係機関の制度の活用についてワンストップで相談できる体制も作る。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 7月7日、熊本県津奈木町
  • (イメージ)
  • 7月6日、熊本県球磨郡
  • 7月6日、熊本県葦北郡
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ