スマートシティ官民連携プラットフォームが始動 デンソーやマツダも参画

スマートシティ官民連携プラットフォームの概要
スマートシティ官民連携プラットフォームの概要全 2 枚写真をすべて見る

スマートシティの取り組みを官民連携で加速するための「スマートシティ官民連携プラットフォーム」が始動した。

政府が6月に閣議決定した「統合イノベーション戦略2019」に基づいて内閣府、総務省、経済産業省、国土交通省は、スマートシティの取り組みを官民連携で加速するため「スマートシティ官民連携プラットフォーム」を設立した。今後、企業、大学・研究機関、地方公共団体、関係府省など、合計473団体で構成するプラットフォームを軸に、官民が一体となって全国各地のスマートシティ関連事業を推進する。

スマートシティ関連事業に取り組む団体は8月8日時点で461団体、内訳は企業など305団体、大学・研究機関43団体、地方公共団体113団体。自動車関連の民間では、アルパイン、デンソー、東芝、パナソニック、マツダ、三菱電機、NEC、日立製作所のほか、WHILL、オートバックスセブン、タジマモーターコーポレーションなどが参加している。

関係府省・経済団体などは内閣官房、警察庁、経団連など12団体。

スマートシティ官民連携プラットフォームの取り組みスマートシティ官民連携プラットフォームの取り組み

プラットフォームは今後、スマートシティ関連事業の効果的な推進・重点支援や、分科会の開催、企業と大学・研究機関、地方公共団体などの間の情報共有やマッチングを支援する。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「よくできました」けど今時じゃ普通?…中村孝仁
  2. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  3. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  4. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  5. 【ハーレー スポーツスターS 試乗】ポルシェも乗り越えた水冷化!初めてのハーレーにうってつけな「S」…青木タカオ
  6. 三井ダイレクト損保、バイク保険の取扱い開始
  7. 電動化してはいけない!! 第1位は日産 GT-R…発表【48時間アンケート】
  8. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  9. カスタマイズは7500通り…アバルト 595 に期間限定プログラム
  10. 【スズキ 新型「Hayabusa」徹底試乗インプレッション】真の“究極”を求め大人のスポーツバイクへと華麗に進化PR
ランキングをもっと見る