オリックスカーシェア、燃料電池自動車 MIRAI を都内に36台配備 2020年1月より

トヨタ MIRAI
トヨタ MIRAI全 3 枚写真をすべて見る

オリックス自動車は、トヨタの燃料電池自動車(FCV)『MIRAI』をカーシェア車両として、2020年1月より都内に36台配備・運用すると発表した。

今回のMIRAI導入は、東京都環境局が実施する「レンタカー・カーシェアリングにおけるZEV(ゼロエミッションビークル)導入促進事業」にて、オリックス自動車がFCVの事業実施者に決定したことを受けて実施するもの。MIRAIの導入はカーシェア業界初となる。

MIRAIは、トヨタが2014年12月に発売した世界初の量産型FCV。燃料電池に水素と空気中の酸素を取り込むことで動力を生み出すため、地球温暖化の一因であるCO2を走行時に排出しない環境に優しい車で、約3分の充填で約650km走行できる。

レンタカー・カーシェアリングにおけるZEV導入促進事業は、東京都と事業者が共同で取り組むことによって、都民が気軽に、かつ手頃な料金でZEVを利用できる機会を創出し、ZEVの普及を促進することが目的。近年拡大しているカーシェアリングやレンタカー事業を通じて協業し、都民にサービスを提供する。

MIRAIの利用料金は15分150円、6時間2800円、12時間4200円、24時間5400円、距離料金は1kmあたり15円。コンパクトクラス料金よりも安価にて提供する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カーシェアリングの例:タイムズカーシェア
  • 富士山静岡空港ステーション
  • 新千歳空港ステーション
  • (イメージ)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV